有限会社シーテック有限会社シーテック
外壁・屋根の板金塗装工事、外装、内装、エクステリア、リフォームのことならシーテック
  • 電話

    0254-21-0202

  • メール
Tips

豆知識

屋根材に関する豆知識

屋根材の種類とその特徴

屋根材には様々な種類があり、塗装や修理方法は屋根材により異なります。また、耐用年数、強度、メンテナンス性も違いますので種類と特徴をきちんと把握しておくことが大切です。
屋根材には、大きく『金属』、『スレート』、『瓦』の3つに区分されます。

屋根材のイメージ

金属屋根の特徴

金属屋根は一般的にガルバリウム鋼板とも呼ばれ、屋根材の中では最も軽量で加工もしやすく比較的自由な形状で屋根をつくることが可能です。軽量なことで建物への負担も少なく耐震性が高いとされています。また、値段も安く40年前後といわれている耐久年数が大きな魅力です。

ただし、断熱性、防音性の面では若干性能が低いとされています。断熱性や防音性の欠点を補ったガルバリウム鋼板もありますがこちらは多少高価なものとなります。

スレート屋根の特徴

スレート屋根は粘板岩を加工した岩を材料とした屋根です。日本瓦と比べて軽く、耐久性もありますので今では屋根材として多く使われています。スレートは軽量で耐震性に優れているだけではなく比較的安価な屋根材ということで根強い人気があります。色も豊富ですのでデザイン的にこだわる方にもおすすめです。

ただし、塗装など定期的なメンテナンスが必要な屋根材ですので、その手間とコストは金属屋根よりもかかってしまうことがあります。

瓦屋根の特徴

瓦屋根は日本では古くから使用されており、今でも実際によく使われます。瓦は焼き物の屋根材で、他の屋根材よりも重量が重くなるのが特徴です。ですので、構造が不十分な建物ですと耐震性が極端に低くなる場合もありますので注意が必要です。瓦屋根は古くから使用されているという点でお分りいただけるように半永久的に使え、他の屋根材と比較しても断熱性、遮音性、耐久性の面で優れているというメリットがあります。

ただし、瓦自体の割れ、ヒビによる雨漏りが発生すると逆に建物の修理費が高くなる場合が多いと言われています。

とても重要なルーフィング

そもそも「ルーフィング」とはなんでしょう?ルーフィングとは、建物を雨漏りから守り、家屋を水塗れや腐食から防ぐ材料やその施工のことです。

ルーフィングのイメージ

ルーフィングとは?

ルーフィングに用いられる屋根材の下に敷く防水用のシートは、実は大切な建材で最も重要な役割を持つ屋根材だと考えられています。ルーフィング(防水シート)は、800円~1,600円/m²という比較的安価なものではありますが、きちんと施工することで長年に渡って防水効果を発揮します。

きちんと施工すればガルバリウム鋼板やスレートが傷ついたり、瓦が割れたりしても屋内に雨漏りすることはほとんどありませんし、建物自体をしっかりと守る役目を持っています。

ルーフィングの種類

ルーフィングシートは実は「アスファルト」を主な原料としており、素材には2種類ありますので特性や価格をよく検討して最適なルーフィングシートを選択、施工するようにしましょう。

アスファルトのルーフィングシートは耐久性が10年といわれており、グレードとしては一番低いものです。

改質ゴムアスファルトルーフィングは耐久性が高く、温度変化や熱ダレにも強く、かつ低温では割れにくいという特長もあり、近年最も使用されています。

その他に、「アスファルトシングル」や「アスファルフェルト」というものもあります。「アスファルトシングル」はシート状になったもので、「アスファルフェルト」は外壁の下葺き材として用いられることが多いものです。

ルーフィングを選ぶポイント

最も重要と考えられる屋根材、ルーフィングを選ぶ際のポイントは『改質アスファルト』、『不織布』、『粘着層』と言われています。

改質アスファルトはポリマーや天然アスファルトを加えたもので、耐摩耗性、対流動性、耐剥離性に優れた素材です。

不織布は布素材を使っているルーフィングです。紙ものもより破れにくく長持ちします。

粘着層はシールのように直接張ることができるもので、タッカー留めが不要になるため小さな穴や隙間からの雨水の浸入を最大限防ぐことが可能です。

価格と注意点

ルーフィングの価格については、屋根工事一式のなかに含まれることが多いので単体の工事としてご案内が難しいので、おおよその材料価格のみとなります。

アスファルトルーフィングは約5,000円前後(21m×1m)、改質アスファルトルーフィングは10,000円弱(20m×1m)くらいです。

ルーフィングの設置時に破れや穴を見逃さないことが最も注意すべき点といえます。もしも施工中に発見した場合はすぐに張り替えを依頼してください。一度設置したルーフィングを張り替えるのはとても難しく、施工に関しては雨の強い日を避けるなど天候にも注意を払うことが大切です。

★もしご不明な点があれば、お気軽に弊社までお問い合わせください。状況にあったベストなご提案をさせていただきます。

外壁材に関する豆知識

外壁リフォームのタイミング

外壁のリフォームのタイミングとして、外壁を塗り替える場合は一般的に10年を目安にと言われていますが、実は塗装材の耐用年数や防水性でも異なります。確実なのは外壁の現状を直接チェックしたうえで、どのようなリフォームが必要なのかを判断することです。

以下のような症状が確認できたらリフォームを検討してください。

外壁のイメージ

塗装の剥がれ

一番わかりやすいのは塗装の剥がれです。年数や環境により年々塗装が劣化し剥がれてくることがあります。放っておくと木材がむき出しの状態になり雨風の影響を直接を受けるようになり、木材の腐食が進みやすくなります。

チョーキング現象

指でさわった時に白っぽい粉が指につくことをチョーキング現象といいます。塗装自体が紫外線や雨風によって劣化することで起こる現象で、さわってみることで誰でも確認できます。

ひび割れ(クラック)

塗装の乾燥、剥がれなどでできる塗装のひび割れと外壁材自体のひび割れがあります。塗装のひび割れは塗装することで修復できるのですが、外壁材自体のひび割れであれば建物全体に影響が出ることもありますので早めに専門家に相談することをおすすめします。

外壁のメンテナンス

外壁のメンテナンスやリフォームは外壁材の種類や状態で方法が変わります。

外壁のイメージ

塗装の塗り替え

外壁の塗装の剥がれ、チョーキングは定期的な塗り替えで対処できます。最近では塗料の種類も性能も充実しておりますので実際の症状に合った塗料を選ぶようにしてください。

耐用年数が長い塗料はその分高価になりますが、塗り替えの回数も減り結果的にはメンテナンス費用を抑えることができます。耐用年数が短いものは安価であるため、性能も低く塗り替え回数が多くなることがあります。

外壁の張り替え

現在の外壁材を全部剥がしてから新しい外壁材を張ります。外壁のひび割れがある場合は塗り替えよりも張り替えることをおすすめいたします。

工事の期間もかかりますが、外壁材を剥がすので、ある意味シロアリ等の被害が無いかなどその時点での建物の状態も確認できるというメリットもあります。

外壁材の重ね張り

既存の外壁材はそのままにして上から新しい外壁材を張っていきます。張り替えよりは工事の期間も短くて済み、まるで新築のような感じに仕上がります。

ただし、今の外壁をそのままにして重ね張りするため、重さが増えてしまうことを十分考慮したうえで施工する必要があります。

こまめなメンテナンスで耐用年数は変わります

外壁材の寿命や耐用年数はあくまでも一般的な目安であって、10年、20年、30年・・と経過しますと表面上確認できるものだけではなく、内部からの腐食や劣化などちょっと見ただけでは分かりづらい問題がある場合もあります。放っておくと思わぬ弊害や損傷を招くことにもなりますので、末永くお住まいになるために定期的にメンテナンスを実施することをおすすめします。

★もしご不明な点があれば、お気軽に弊社までお問い合わせください。状況にあったベストなご提案をさせていただきます。

閉じる